インターネットラジオ「久留飛と柳田の好奇心」 第31話

第31回目の配信となります。

いよいよ涼しくなってきましたね。作業場の近くの柿と栗の木の実が大いに実っており、柿と栗がボロボロ落ちてていてまるでサルカニ合戦。その姿を見てフフフと微笑む怪しいおじさんになってます。
それでは今回もおじさんたちの飲み屋での雑音的語らいラジオをお楽しみください。

第31話は
「潮干狩り」
「昔と違って子供だけで行ける場所がない」
「子供達が楽しむのは着眼点が違う」
「誰の海」
「体験がなかったらそこまでたどり着きにくい」
「ヒルがいた」
「かんぴれいの滝」
「素泊まりが1ドル360円やった時の話」
「ギフチョウはいろんな説がある」

などのお話。

優しい話し手:久留飛克明(昆虫科学教育館 館長)
勢いの話し手:ロックオン柳田(合同会社ホームランオフィス 代表)
お手伝い:山本さん
BGM: @kanatankan 、MusMus

御殿場浜の潮干狩は人!人!人!知らない人とも、楽しくみんなで貝比べしたりと和気あいあいでした。

 

↓↓↓↓↓↓ こちらからお聞きください ↓↓↓↓↓

PC、iPhone、iPadはこちらから登録できます

 

「久留飛と柳田の好奇心」を登録する >

【このラジオは毎週金曜日に配信します】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加